セドナ with DP1

アリゾナ州にあるセドナというところに行ってきました。
パワースポットのあることで有名らしいです。
M8とDP1を持っていったのですが、ほとんどDP1で撮っていました。

レッドロック・クロッシングから見たカセドラルロック
d0122841_852336.jpg

ここは午前中は逆光なので夕方行ったほうが綺麗です。

その辺に咲いていた花
d0122841_863640.jpg

もうちょっと寄りたかったのですが、最短撮影距離30cmではこれが限界。
クローズアップレンズ欲しい。

岩山の上にある教会
d0122841_865194.jpg

教会からみたセドナの眺め
d0122841_87617.jpg


写真はすべてDP1。
こういうところだと28mmはいいですね。
[PR]

  # by tomojia | 2008-05-25 08:09 | DP1

DP1 クローズアップレンズ

DP1用のクローズアップレンズの発売が発表されました。
http://www.sigma-photo.co.jp/news/080523_aml-1.htm
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/accessories/2008/05/23/8520.html
これはちょっと欲しい。
純正品なので期待できます。
[PR]

  # by tomojia | 2008-05-23 12:20 | DP1

DP1 M8 D40 撮り比べ その3

続きです。画素数が違うので解像度の比較といっても単純には行きません。

画素数:
DP1 2640 x 1760 (4.6 MP) フォビオン
M8 3916 x 2634 (10.3 MP) ベイヤー
D40 3008 x 2000 (6.0 MP) ベイヤー

まずは原寸で比較。場所は中央付近です。
d0122841_5485243.jpg


M8の画像サイズに拡大して比較。
d0122841_5491048.jpg


DP1の画像サイズに縮小して比較。
d0122841_5492522.jpg


どうでしょうか?
違いがあるようなないような。

DP1はシャープに見えますが、よく見るとジャギーが出ています。
どうも解像度の限界付近ではDP1はジャギーが出るようです。SPPのデフォルトのシャープネスが若干高いのかもしれません。

対して、M8は限界付近でモアレが出ます。一長一短ですね。

ネットではフォビオンの実解像度はベイヤー換算で画素数X1.5倍程度だという人がいます。そうするとDP1の実解像度は

4.6M x 1.5 = 6.9M 

ぐらいでしょうか(D40とM8の間ぐらい?)。

いずれにせよ、コンパクトカメラで一眼レフやM8と比較できるだけの実力を持ったカメラが出てきたことはすごいことです。素直にシグマを賞賛しましょう。がんばってDP2も作ってください。
[PR]

  # by tomojia | 2008-05-12 05:57 | DP1

DP1 M8 D40 撮り比べ その2

1. DP1 / ISO100 f5.6 1/500 RAW SPP 4.6M オート現像
d0122841_10103320.jpg


2. Leica M8 ELMARIT 21mm ASPH / ISO160 f5.6 1/1000 RAW SilkyPix
d0122841_10105842.jpg


3. Nikon D40 18-55 3.5-5.6G / ISO200 f5.6 1/800 RAW SilkyPix
d0122841_10112037.jpg


今回は三脚使用。すべてRAWで撮影。絞りをf5.6に固定して露出とホワイトバランスはオート。
D40はSilkypixでそのまま現像、DP1はSigma Photo Proのオート現像。
M8は例によって露出とホワイトバランスがおかしかったのでSikypixで修正。
ちなみにM8のRAWをそのまま現像するとこんな感じ。
d0122841_10113820.jpg


こうやって見るとDP1の絵作りはやっぱり地味ですね。
正直すぎるというかなんというか。ホワイトバランスも若干ずれてる感じ。

で、せっかく三脚立てたので今回は解像度比較をやってみたいと思います。
(続きます)
[PR]

  # by tomojia | 2008-05-07 10:25 | DP1

DP1 X3F RAWのファイル構造

DP1のRAWファイル(X3F)を少し解析してみました。
以下は興味のある方だけどうぞ。

続きを読む
[PR]

  # by tomojia | 2008-05-05 07:42 | DP1

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE