Carl Zeiss Biogon T* 28mm F2.8 ZM

d0122841_1105514.jpg

M8用28mmレンズの続き。
次はコシナ・ツアイスによるビオゴン28mmです。
ツアイスのZMレンズはどれも評価が非常に高いのですが、コシナのウェブサイトを見る限りこのビオゴンが特に優れているという印象は持てません。特に他のZMレンズに比べてMTFがあまり良くないのが気になります。

しかしながら、実際にM8で撮影してみるとこのレンズなかなかどうしてとてもすばらしいです。

まず、非常にシャープです。特に中央はズミクロンよりシャープだと思います(少なくとも私の持っている個体では)。最初にこのビオゴンで撮影したとき、もう高価なライカレンズは買う必要ないなと思いました。

次に、コントラストが高めで発色もすばらしいです。はっきりくっきりばびっとシャープな絵になります。

あと、フォーカスシフトしないのでピントがばっちり来ます。本来なら当たり前なのですが、ライカのレンズはピントがこないレンズが多く、小細工しなくてもピントが決まると気持ちが良いです。

d0122841_1115663.jpg

それから、このレンズ、ZMレンズの中では比較的小型軽量です。
サイズ的にはズミクロンとほとんど変わらず、重さも50gしか変わらないのですが、体感的にはそれ以上に軽く小さく感じます。たぶんボディとのバランスがいいのだと思います。

最後に、このレンズ、逆光にかなり強いです。コシナがんばってますねえ。

d0122841_1124660.jpg


で、例によってこのレンズの欠点ですが、いくつかあります。

まず、MTFで予想されるとおり、周辺4隅は若干あまいです。
中央がいいだけに残念です。まあ、実用上困ることはそんなにないとは思いますが、ズミクロンと比べると明らかに差があるのは否めません。

それから、このレンズ、コントラストが高いので白とびしやすいです。
若干マイナス補正するか、あぶないと思ったらヒストグラムを確認するといいでしょう。

あと、好みの問題かもしれませんが、ズミクロンに比べて若干ボケ味が良くないです。
よく解像度重視のレンズはボケ味があまりよくないとか聞きますが、このレンズもそんな感じです。

厳密に言うと後ボケ(ピント面より向こう側)はわずかに2線ボケ傾向で、前ボケ(ピント面よりカメラ側)はなめらかです。理論上、前ボケと後ボケは両立しないので(このページ参照)、
ビオゴンは前ボケが良くて後ボケがあんまり良くないレンズだと言えます。
逆にズミクロンは後ボケが良くて前ボケはあんまり美しくないです。
個人的には後ボケの方が前ボケよりも全然重要です。
まあ、これも撮り比べて気づく程度で、気にならない人は全く気にならないかもしれません。

最後に、当然ながら6ビットコードは入っていませんので前述のM-Coderとか使って自分で入れる必要があります。なのですが、油性ペンで書いただけでは結構簡単に消えるんですよ。これが。John Milich氏に頼んで溝を掘ってもらうこともできるらしいんですが、それもなんだかなあ。

そんな感じで、ズミクロンとは全く性格の違うレンズですが、はまればすばらしい絵が撮れるレンズです。

[まとめ]
- フォーカスシフトしません
- 中央はおそろしくシャープ
- 周辺4隅はMTFどおり若干よくない
- コントラスト高め くっきりはっきり
- 白とびに注意
- 逆光に強い
- 背景のボケ味(後ぼけ)はあまり好きではないかも
- 6ビットコードめんどくさい

作例:
d0122841_116181.jpg

d0122841_1161621.jpg

d0122841_1163690.jpg

[PR]

  by tomojia | 2008-04-13 01:19 | 28mmレンズ

<< Color Skopar 28... Sigma DP1 新ファーム... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE