フォーカスシフト(Focus Shift)

Focus Shiftという現象をご存知でしょうか?

ライカの明るいレンズ(F2以上)は開放でピントが合うように調整されていると聞きます。しかし絞りを絞るにしたがって微妙にピント面が後ろにずれていくレンズは多いです。その結果、f2ではピントが合うのにf4ではなんとなくあまいという現象が多くのレンズで見られます。

d0122841_7402482.jpg


上はズミクロン50mmF2 11819(カナダ製初期型)での結果ですが、絞るにしたがってピント面が後退しているのがわかりますか? だいたい撮影距離1mでf5.6まで絞ると2cmから3cmぐらい後ピンになるようです。

ズミクロン35mmF2(pre ASPH)、ズミクロン28mmF2 ASPHでも試してみましたが同様の結果でした。ネットでの報告によればノクチやF1.4のレンズではもっとひどく、F2より明るいライカレンズではだいたいFocus Shiftが起こるようです。実用上はほとんど問題にはならないとは言え、できればf4あたりでは撮りたくない。なので私はほとんど開放付近かf5.6ぐらいで撮るようにしています。f5.6あたりまで絞れば被写界深度がピントのずれをカバーし始めます。さらにf8まで絞ってしまうとセンサーのゴミが目立ち始めるのでf8まで絞ることは私はほとんどしません。

対してZeiss ZMやコシナのレンズは一部を除きFocus Shiftがあまり起こらないようです(優秀ですねコシナ)。ZM28mmF2.8でも試してみましたが、たしかにFocus Shiftの問題はないようです(開放F2.8というのもあるけど)。はたして最近発売されたSummaritではこの問題は改善されているのでしょうか。
[PR]

  by tomojia | 2008-01-20 07:56 | ピント / ピント調整

<< M8 フェイクコード その1 M8のピント調整 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE